■借家問題の法律問答


借家に関するトラブルは後を絶たず、数多く発生しています。土地の有効利用や売却を目的とする明渡し要求をめぐるトラブル、地代の増減をめぐるトラブルなどが頻発しています。平成一二年三月一日に施行された借地借家法の改正により、「定期借家権」が新設され、普及していくものと思われますが、借家の明渡しをめぐるトラブルがなくなるわけではありません。
このサイトでは、借家の解除申し入れや明渡し請求についてわかりやすく解説しています。借家トラブルの予防と解決に少しでもお役に立てれば幸いです。

■当サイトのコンテンツ


●解除申し入れや明渡し請求に対抗する法律
・契約期限の終了後にそのまま居住しても問題はないか
・家屋の修繕が理由の場合は正当事由になるのか
・一方的な家主の解約請求に対抗できるか
●正当事由を判断する基本事情
・家主が家を売却し明渡しを要求したときの対抗法は
・留守番が明渡しを要求されたら
・借主が死亡してしまったら
・商業ビルの保証金返還
●賃貸人に建物の明渡しを要求したい
・土地の有効利用は明渡しの正当事由になるか
・家屋の明渡しを請求できるのはどんな場合か
・明渡しの請求に必要とされる正当事由とは
・明渡しを求めたら借家人過大な要求をしてきたが